2007年06月14日

登山&トレッキング
yama.jpg太古の歴史を感じさせる緑深い原生林はあなたのアドベンチャー心を演出します。登山道は、各海岸集落から宮之浦岳に向かい、求心状に開かれたロケーション。

初夏には世界の名花シャクナゲが咲き、冬期には積雪を楽しめます。 トレッキングコースには白谷雲水峡、屋久杉ランド、蛇の口コース、大川滝など、点在する美しい滝。そして樹齢7200年の木がたたずむ地球の歴史に出会えます。



ドライブ
車窓にさわやかな風を受けて、ぼんやりと窓越しに走り去る、グリーンとブルーの大自然を堪能してください。

屋久島の頂から右にかけて、宮之浦港、屋久島空港、安房港といった交通の起点が集中するので道も広く整備されています。

主要道路は海沿いに島を一周する県道77号線、78号線、宮之浦から白谷方面へ入る県道594号線、安房から紀元杉へと続く592号線の4本でほとんどの場所は目的地の目前までクルマで行くことが出来ます。

スポンサードリンク
posted by itsfine at 01:00| 屋久島の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイビング
屋久島の海の魅力は、一言では表せません。
黒潮の通り道でもあり、海は温帯域と熱帯域の境にあります。
そのため本州で観察できる魚と沖縄で観察できる魚の両方を見ることができる不思議な海です。

温暖な海流のもと、サンゴや色とりどりの魚たちが遊泳している様子は、まるでロマンと神秘の世界。
ベテランダイバーにも人気のポイントも多く、また、ビギナーでも最高に楽しめるポイントも数多くあります。荒らされていない本当の海を体験してください。


海水浴
sea.jpg都会の情景を忘れさせてくれる銀色のパノラマがここにあります。
永田浜、田舎浜、中間浜、栗生浜など数多くの海水浴場があり、一湊浜には自然にできた洞窟の「赤い鳥居」があります。

奥は深く、種子島、はたまた、アメリカまで続くといわれています。

透明度20m以上を年間を通して保つ、コバルトブルーの海をお楽しみ下さい。

posted by itsfine at 00:00| 屋久島の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする